店舗の集客をアプリで図る

店舗への集客力を高めようと努力している経営者は少なくないでしょう。

一つの方法として、最近ではアプリの活用が注目されています。これはたとえて言えばポイントカードと広告を同時に行えるようなものだと理解すれば分かりやすいでしょう。

店舗への集客を図るのにポイントカードも広告もどちらも有用な手段ですが、その二つを同時に併せ持たせようとするのがアプリです。

実際にはいろいろな方法が利用可能ではあるのですが、例えばアプリに広告を配信し、認知度を高めるとともに、クーポンを表示させ、そのクーポンを店舗への来店時に提示すれば割引サービスを提供するなどとして集客を図ることに利用できます。

広告だけだとどうしても一方的になってしまいますが、クーポンを併せて表示することで来店への動機を高めることができます。また、ポイントカードの仕組みと連動させるとか、その顧客だけに対応したダイレクトメール的な機能を持たせることで他の顧客との差別化を図ることもできます。

ポイントカードは優良顧客を選別するために有用な手段の一つですが、ただ紙のカードにスタンプを押すといったものではなかなか顧客自身の購買情報と結びつけることが困難でしょう。

この点もインターネットの機能と連動させることで、どの顧客がいつどれくらいの頻度で来店し、どれくらいの購買につながったのかを簡単に把握することができ、それにあった訴求活動を行いやすくなることが特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *