店舗に集客を増やすために考えるべきこと

店舗運営を継続的に行うためには一定の売上を確保し、利益を出し続けなければなりません。

店舗としての収入を得られなければ人を雇うこともテナントや建物といった不動産を維持することも、商品やサービスを提供することも出来なくなります。そのために重要になってくるのが集客です。

世の中には様々な業態があり、それぞれ提供しているサービスや商品は違いますが、一定の集客を得るために努力していることはに代わりはありません。

例えばソーシャルネットワークに店舗や商品の情報を記載したり、大きな看板を立てたり、新聞や雑誌に広告を掲載したり、あるいは商品力を上げることでリピーターを増やし口コミを広げる等、方法は異なりますが最終目標は同じなのです。

そして、集客に重要なポイントは大きく分けて二点です。一点目が立地です。一店舗あたりの集客可能範囲は地域や環境によって決まります。

例えば駅前や幹線道路に面している等、電車や車でのアクセスがしやすければ遠方の人も訪れやすいですが、逆にアクセスが悪ければ範囲は限られ、売上増は見込みにくくなります。次が、宣伝です。

テレビや雑誌、新聞、インターネットなど、宣伝方法は多くありますが、ただ闇雲に広告を掲載すれば良いというわけではありません。

ターゲットとなるお客さんにどう効果的に情報を提供するか、例えば若い世代にはソーシャルネットワークを用い、高齢者には折込チラシを用いるなど、きちんと考慮をすることでより多くの集客を見込むことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *