集客よりも利益確保が難しい店舗経営

店舗の経営をする上で集客がもっとも難しいです。

飲食店を開業した経営者が3年以内に閉店するケースは80%を超えているとのデータがあります。店舗を経営するオーナーがもっとも考えるのが立地条件と言われています。

立地条件が良ければ消費者の目につく回数が多く、また交通量の多い場所での店舗経営は集客が見込める可能性は大きいでしょう。しかし、立地条件が良い場所の場合、家賃が高い傾向が見られます。

飲食店のピークには人員の配置も多くなり、水道光熱費と家賃に人件費、仕入れを含んだ固定費が高くなり経営を圧迫します。大阪や東京の都市部の駅前ターミナル部分で飲食店を開店するも、1年~2年の短期間で閉店してしまうケースがあります。

外から見て流行っているのに閉店してしまうお店もあります。ここに経営のむつかしさがあるのです。設備投資が大きく経営コストが掛かる場合、経営を押すことがあります。

集客が多い店舗の特徴は、宣伝費を大きくかけていることが多く、お値打ちな価格帯のサービスを提供していることが多いです。

集客には立地条件が重要と言えるでしょうが、利益確保は立地条件のみではありません。立地条件が悪い場所でも隠れ家的なお店で評判となることもあれば、予約制の特別なお店であれば不特定多数の集客が必要ないです。

経営計画をしっかりと立てて、借り入れを少なくすれば開業後の店舗経営が上手く行くと考えられています。そこにしかないサービスや質を追求すればおのずとお客さんは集まってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *