セグメントプッシュを使ってマーケティング

セグメントプッシュはプッシュ通知の機能の一つで、ユーザーの属性を分けて通知を送信するできる機能です。

プッシュ機能はアプリケーションをインストールしたユーザーに送信できる通知機能で集客やユーザーの維持に役立ちます。これにセグメント機能をあわせたのがセグメントプッシュで、各ユーザーに必要な情報だけ通知できます。

プッシュ機能に似ている情報発信の方法としてメールマガジンがあります。情報を発信するツールとしてはプッシュ通知と同じくらい利用されている方法です。メールマガジンと比べてプッシュ通知が優れているところは既読率が高い事です。

スマートフォンやタブレッドのデバイスならば受信ボックスなどを開かなくてもホーム画面に表示されるので、既読率は高いです。メールマガジンのようにボックスに入ったままになっていたり、メールの設定によってユーザーの意思とは関係なくボックスに受信されないという事はありません。

ユーザーごとの属性を分ける要素に関してはアカウントなどの作成時にユーザー自身に入力してもらったり、過去の利用歴から属性を分ける要素を集めていきます。セグメントプッシュ通知でユーザーにとって必要な情報だけ送信できればサービスなどの利用を促進できますし、ユーザー側としても必要な情報を見落としにくくなります。

セグメントの内容は途中で変更する事ができるので、アプリケーションを運用していく中で少しずつ変更していく事も可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *