アプリ開発の難易度を少しでも簡単にする選択肢

たとえば、自分で仕事をする環境で「もっとこう動いてくれるシステムがあれば良い」「これが自動化できれば良いのに」という感じを覚えたとしたら、それはチャンスです。

今、世の中には非常に多くのアプリがありますが、それらはこういった「もっとこうなれば良い」というきっかけから開発されたものです。当然、簡単にそれらのアプリを開発できるというわけではありませんが、きっかけを得られるということは非常に大きなポイントになります。

簡単なものでも同じですが、アプリ開発には「プログラミング言語」を用います。いくつかの種類があり、それぞれの目的に応じて適切なプログラミング言語を選択、駆使しなければいけないという点も簡単ではない一つの要因になっていますが、専門家(プログラマーやSE)にかかればあっという間です。

もっとも、これは比喩表現であって具体的なスパンを意味しているわけではありません。大企業など、自社でそういった環境が整っているのであれば何も問題はないでしょう。開発部門で必要な操作を行うアプリを作り上げれば良いだけです。

しかし、個人や中小企業など、専門的な環境が整っていない場合はそうはいきません。もちろん、個人が独学で対応することも不可能ではありませんが、そこに企業としてのコストを掛けるメリットがあるかどうかは別の話です。場合によっては、「外注」という選択も必要でしょう。コストはかかりますがプロセスは簡単です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *